レポート

ラグーナテンボスのナイトプール2018めちゃくちゃ楽しかったレポ!

 

 

こんにちは、ろこもこ(@locomoco65ch)です。

東京孤独生活で、俗世との関わりがなさすぎてつらいです。毎日枕を濡らしてます。

友だちがいない

 

今回は、地元中部に想いを馳せながら、中部唯一のナイトプールである、ラグーナテンボス内にあるテーマパーク・ラグナシアのナイトプールをご紹介します。

 

中部で唯一のナイトプール「ラグーナテンボス」の料金や期間、アクセスなど

 

平成最後の夏といえば、、、

そうですね。ナイトプールです。

 

ついに、7月7日から開催です。

 

ナイトプール開催日

7月→7・8・14・15・21日以降

8月→全日

9月→23日までの土日

 

期間中は22時まで営業

 

こんな田舎で22時まで営業って奇跡かな???

 

ナイトプールの料金

 

ナイトプールの利用だけでなく、パーク内の散策もできるのでぜひ回ってみてください。

ナイトプール付入園券(17時~入園+ナイトプール)

大 人 1,950円 (★2,150円)

中学生 1,850円 (★2,050円)

小学生 1,100円 (★1,200円)

幼 児  800円  (★900円)

※土・日・お盆(13日~17日)は★料金

 

そしてアトラクション乗り放題のチケットです。このパスポートでフェスティバルマーケットの観覧車にも乗れます。

ナイトプール付パスポート(17時~入園+ナイトプール+アトラクション)

大 人 3,650円 (★3,850円)

中学生 3,550円 (★3,750円)

小学生 2,450円 (★2,550円)

幼 児 1,850円 (★1,950円)

※土・日・お盆(13日~17日)は★料金

 

アトラクション乗り放題のパスポートを買うべきか迷いますよね。

「パスポート買ったところでアトラクションが微妙だったらきつい、、、」という気持ち湧きますよね。田舎に期待できないその気持ち、わかります。

ナイトプール入園券を買った後で、どうしてもアトラクションに乗りたくなったら18時からナイトパスポートが1,300円で買える

ぜひ参考にしてください。

 

アクセスは名古屋から約1時間(車・電車)

 

いやまず、ラグーナテンボスってどこにあるの??という話なんですが、愛知県蒲郡(がまごおり)市にあります!

 

 

ちなみに、ゆるキャラはくそブスなかなか個性が強いです。

 

電車でのアクセス

名古屋駅からJR東海道本線にて『豊橋行』に乗り、蒲郡駅で降りる。蒲郡駅は全ての電車で停車するのでとりあえず乗っておけばOK

蒲郡駅に着いたら、南口のロータリーからラグーナテンボスのフェスティバルマーケット行のシャトルバスに乗る。

フェスティバルマーケットでバスを降りて見上げるとある連絡通路を渡ると到着。

シャトルバスの情報アリ!▶公式サイト

 

車でのアクセス

東京方面▶東名高速道路・豊川ICが最寄の料金所で降りる(そのあとはナビ使ってください)

大阪・名古屋方面▶伊勢湾岸自動車道を豊明ICで降りて、国道23号線で蒲郡へ向かうのが最速

公式サイト

 

ラグーナのナイトプールは便利すぎる

 

冬のラグーナテンボスは、「この世界に人はいないんじゃ??」と思うほど閑散としていて見るも無惨ですが、反して夏、特にプールの時期はカップルやファミリーでにぎわっています。

 

ラグーナテンボスにとって、夏が本番な設備やサービスが充実しており、かなり力が入っているため過ごしやすくなっていますよ。

プリペイドバンドでお財布いらず

 

プリペイドバンドは、パーク内の全ての店舗で使用できます。都度のチャージも屋内店舗で可能です。

決まった金額をチャージして使うことですることで使い過ぎ防止にもなる

 

3000円・5000円・10000円のチャージができます。

 

 

 

 

 

 

使用料もかからなく、プリペイドバンドの返却時に返金してもらえるので、家族で行く場合は1本だけにせずにある程度の人数に分けて使うのが喧嘩にならないポイントですね。

 

水着のままでアトラクションに乗れる・買い物できる

 

テーマパーク内のほとんどの場所を水着でまわれます。お土産ショップやレストラン、アトラクションも水着で乗れちゃいます!テーマパーク内を回るときは、サンダルをお忘れなく!!!

 

ナイトチェアのレンタルはマスト

 

ナイトチェアは、先行予約でネットから予約ができます。

16歳未満はジョイアマーレの浜辺入場不可のため④のみ。ルナチェアの『ルナ』はルナポルト(メインプール)付近にあるため。

 

とにかくおすすめする理由は、

 

・飲食の時に確実にゆっくり座れる

・荷物を置ける(サンダルやタオルなど、プールサイドの地べたに置くことにならない)

・荷物を置ける(プールパーティの時、浮き輪の取り違え・紛失を避けることができる)

・休憩できる(寝れる)

 

 

▼気になる料金▼

チェアタイプ 2000円 (2~4名)
エアチェア+テーブルセット 3000円 (グループ用)
エキサイティングシート 2500円 (2~4名)写真みると椅子二つだけどな

エキサイティングシートは花火の近くにあるためレンタルしていない日がある

 

▼予約はこちらから▼

ナイトチェアをレンタルする

 

光る浮き輪やフォトジェニックな浮き輪のレンタルが出来る

 

浮き輪レンタルはフリーパス制で、場所や用途によって交換が出来ます。

 

光る浮き輪などいろいろな浮き輪をレンタルできます。事前予約はなく、17時からプールショップ2(カラフルなお店)でナイトプール用のフリーパスを販売しています。

 

公式ホームページにも書かれていない超有料級の情報ですよ。

 

浮き輪レンタル

 

ナイトフリーパス(17時~)1000円

すきな浮き輪を借り放題(交換制)

 

 

 

浮き輪はかなり人気で摩耗して在庫が減ってくるとフリーパスの販売が中止になることがある

 

 

ラグーナナイトプールのフォトジェニックポイントを写真で紹介

 

ポイントを予習しておけば、手取り早くフォトジェニックな写真が撮れます。

2018年からはこんな季節のお団子も販売をはじめていますよ~。

 

行列のできるフォトスポット

 

写真は2017年のものです。わたし撮るのうますぎでは???!

ビビるほどダサいシャツを着たスタッフの方が写真を撮る係をしてくれるので、並べば必ず撮ってもらえます。おすすめです。

 

2018年の赤いチェアの背景は、ハートではなく長方形でお花が敷き詰められたモノになっていました。

SKE48とコラボ中ですよ~。

https://www.instagram.com/p/BkWecgilRaH/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=pihnnbyg4hcs

 

異常に光るグラス

 

ジョイアマーレの浜辺(波のプール)の入り口付近のショップでは、カクテル・ソフトドリンクカクテル・ソフトドリンクのメニューから注文するのですが、普通のカップか光るグラスかを選べます。

 

光るグラスを選んで、ひたすらナイトチェアで休憩しながら写真を撮っていました。

 

これを持ち帰って、家で見ると一気に冷めます。

それもナイトプールの醍醐味だよね!うんうん。

 

20:30からの花火&噴水ショー≪花火スペクタキュラ≫

 

花火&噴水ショーの観覧におすすめの場所についてですが、2018年は昨年に比べてナイトプールの範囲が2倍以上になったため、メインプールのルナポルト周辺だとちょうど噴水ショーが目の前にきて、奥に花火が見えるかたちになります。ですが、有料観覧席が大きく範囲を占めています。

 

ショーの観覧は有料観覧席が無難

 

有料観覧席は高い位置から花火スペクタキュラが観覧できます。

有料観覧席は事前予約はできない。当日にインフォメーションセンターで販売

 

 

有料観覧席の料金

 

1席 800円 (★1000円)

※8月11日~19日は★料金

 

 

ジョイアマーレの浜辺は、噴水ショーは若干見えにくくなってしまいますが、花火が良く見えるため花火をしっかり見たい方におすすめです。ですが、ショーの際中は、ジョイアマーレの浜辺の入場制限がかかることがあるので、花火が始まる30分以上前には入っておいた方がいいです。

 

スタッフがムキムキのお兄さん

 

「あれかな、暴れるやつを仕留めるためのスタッフかな」と思ってしまうような若いムキムキのお兄さんスタッフが数人いましたよ。

 

ちゃんと海のテーマパークらしい服装だったので、一緒に写真撮ってくださいと言えば撮ってくれます。わたしはそれを見て微笑んでいました。

 

 

2018年は7月・9月にプールパーティを開催【ラグーナナイトプールイベント情報】

 

ナイトプールは、パリピのイメージが強いかもしれませんが、案外静かです。

 

ライトアップされてフォトジェニックだけれど、水の流れに身を任せているだけなのでわたしは若干途中で虚空を眺めたりしてましたね。

 

ちなみにラグーナテンボスのナイトプール、

ガチ泳ぎしたら監視スタッフに「大胆に泳がないでください」と怒られた

こわいこわい。

 

 

せっかくのナイトプール、パリピになりたいんだよ!!!

 

そんな暴れん坊将軍におすすめなのが『LAGUNA POOL PARTY(ラグーナプールパーティ)』です。クラブからパリピ空間をそのまま持ってきたかのような雰囲気で、しかも泡まみれになります。

 

 

プールパーティ日程

7月→14日・15日・21日・28日

9月→1日・8日・15日・22日

 

人気DJがパリピの空間へいざなう

 

2018年のナイトプールパーティはまだ7月分の出演しか公開されてませんが、豪華です。

プールパーティが開催される日は、ジョイアマーレの浜辺(波のプール)がプールパーティ参加者以外は入場禁止になる

「プールパーティなんて知らねえよ!!普通に波のプールで泳ぎたいんだよ!!」という感じの癇癪で乗り切ろうとするのはちょっと難しいです。ムキムキのお兄さんもいるしね。

 

 

去年のエレクトリカルパーティの様子です。全員水着のフェスみたい雰囲気でした。泡まみれになるのもテンション上がりますね。

 

 

すごく楽しかった記憶がありますが、公式の映像を見てみましょう。

 

プールパーティは、客観視すると地獄絵図

 

そんな感じでパリピ空間に参戦したいのであれば、ぜひプールパーティの開催日に行ってみてください。

 

プールパーティ参加料金

前売り1日券 3480円 (17:00~ラグナシア入場+ナイトプール+プールパーティ参加)
当日券 3980円

 

▼チケット購入はこちら▼

公式サイト

 

 

8月は純粋にナイトプールを楽しめる

 

「パリピはきついんじゃ、、、でもインスタ映えしたいんじゃ、、、。」

 

そんな気持ちに応えてくれるのがプールパーティ以外の日です。ちなみにまれにプールパーティ以外の日でもパリピ全開みたいなテンションのグループがいますので、そこはお許しください。

 

8月はプール、テーマパークアトラクションともに混雑が予想されるため、プールパーティは1日も開催されません。

ナイトプールとエッチな雰囲気を純粋?に楽しみたい方はイベントがない日がおすすめ

 

 

 

また、ナイトプールとはあまり関係ありませんが、ラグーナテンボスは、結構な頻度で人気アニメとコラボしています。

ONE PEACEや名探偵コナン、ポケモンとコラボ

 

海のテーマパークということもあり、圧倒的なコラボ回数を誇るのがONE PEACEです。その中に出てくるサウザンドサニー号に実際に乗船してクルーズができます。

 

 

その他にも以前(記憶では)名探偵コナン、NARUTO、トリコ、ポケモン、ジブリとコラボしています。

 

コラボ中は、ほぼ等身大のキャラクターと記念撮影が撮れる

 

結構な再現力です。やるね、ド田舎のくせして!

 

HISに買収された恩恵『サウザンド・サニー号』でクルーズ

 

2014年に、HISが買収し業務を引き継いだことにより、長崎県の「ハウステンボス」と事実上の姉妹施設になりました。

 

ONE PEACEのサウザンド・サニー号は、実際に長崎県から愛知県まで航海をしてきました。ラグーナテンボスに来たら、ぜひ見てみてくださいね!フェスティバルマーケット隣接の船着場にあります。

口が開く

 

 

ラグーナテンボスのナイトプールを楽しむコツまとめ

 

今年のナイトプールはファミリーOKになったり、ナイトプールの範囲が拡大するなど、パワーアップしているので今年もわたしは絶対行きます!!!

 

経験者が語る楽しむコツ

・一緒に来る人を間違えない(間違えると心が死す)

・プールで人間観察する(こいつらヤッてんのか?みたいなカップルがいる)

・パリピになるならプールパーティに参戦!

浮き輪は必須フォトジェニックだとなお良し(光る浮き輪がレンタル出来るが人気すぎるので持参→もし借りれたら使うのが安全)

・花火と噴水のショーがあるから早く帰りすぎない

・ナイトチェアをネット予約しておくと飲食や休憩に便利、荷物も置ける

・水着のまま買い物するときにカラダが冷えてしまうので羽織るものを用意する

などなど!これで完璧です!

 

結構重要なポイントをまとめましたので、ぜひ参考にラグーナテンボスに行ってみてくださいね。

 

関係ない話なんですけど、東京の人歩くスピード遅くないですか?名古屋だったら射殺されてますね。

あわせて読みたい
ラグーナテンボス ナイトプール2018年【愛知】ナイトプールといえば大人が楽しむもの というイメージがありますが、ラグーナテンボスは家族全員が楽しめるナイトプールです。 キッズが...
ABOUT ME
locomoco
webサービスで一発当てて人気俳優と熱愛報道になるためにプログラミングをはじめます。YouTuberになりたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です